当会の最も基本的な役割は、JAバンク宮崎の県域組織としての機能発揮で、以下の基本的役割を担っています。また、一方では地域金融機関として、貯金・貸出・為替などのいわゆる金融業務を行っています。


当会の基本的役割

  1. JA信用事業の支援・指導・補完
  2. 業務集中化によるJAバンクトータルでの合理化・効率化の追求
  3. 余裕金の効率運用によるJA等会員への安定還元


 当会では、これらの役割発揮と時代に即した経営管理を実践するための業務体制を設け、業務の組織的かつ能率的な運営を図っています。
 各部署の業務概要は、次のとおりです。

組織の概要案内は、こちらから

JAバンク推進部

 JAバンク企画課およびJAバンク推進課は、JAバンク宮崎の本部機能として、JAが地域金融機関として組合員・地域の皆さまから信頼され、ご愛顧いただくため、JA信用事業の業務拡充に関する企画、新商品の企画・開発やJA金融推進にかかる指導・支援を行っています。
 また、多くの皆さまにJAバンク宮崎を知って頂くために、マスメディアを活用したPR・広報やITを活用した情報発信にも積極的に取り組んでいます。
 年金センターは、年金にかかる研修、年金相談会の補助等、JAの支援業務を集約・一元化し、お客さまの年金相談等に迅速・丁寧に対応し、より多くの方々にJAバンクで年金を受給していただくことを目指しています。
 ローンセンターは、JAにおける住宅ローン等各種ローン商品の取扱い拡充に向けて、ハウスメーカーへのPR活動等の営業サポートやローン相談会の支援等に取り組んでいます。

JAバンク指導部

 研修相談課は、JAバンク宮崎が、組合員・地域の皆さまに対し他業態の金融機関にも劣後しない良質で高度・親切な金融サービスを提供するため、JAの信用事業担当者・管理者を対象に、段階的・専門的な信用事業業務に関する研修会の実施や、ファイナンシャルプランナーの育成に努めています。また、JAからの金融法務等の相談にも応じています。
 また、JAバンク対策課は、JAバンク支援業務として、地域の皆さまが安心してJAをご利用いただくために、JAバンク宮崎の健全性・信頼性が一層高まるよう、JAの経営・体制整備状況等についてのモニタリングを通じた経営改善・指導強化を図るなど、JAバンクシステムの適正な運営に努めています。

業務部

  貯金為替課は、貯金業務、為替の窓口一線事務のほか、地方公共団体や農林関係団体への営業活動にも取り組んでいます。
 また、事務集中課は、JAバンク宮崎の県本部として、手形・小切手の収受に関わる手形センター、年金振込等に係る振込センターや窓口収納にかかる事務センター等の県センター機能を担い、JAバンク宮崎としての事務合理化・効率化に取り組んでいます。

融資部

 融資課は、会員JAや農業関連法人への貸出を行い、農業振興を資金面から支援しています。また、JAグループ関連企業を含む地場企業等へも積極的な営業活動を展開し、お預かりした資金の地域への還元にも努めています。
 また、受託管理課は(株)日本政策金融公庫などの受託金融機関として、農業生産基盤の向上を目的とした長期低利融資制度や教育資金などの窓口(代理業務)を担っています。

資金証券部

 資金証券課は、投資信託の窓口販売業務を行っています。
 また、会員JAをはじめとして農林関係団体や企業、地域の皆さまから貯金としてお預かりした資金のうち、貸出金として運用している以外の資金は、農林中央金庫への預け金を中心に、市場リスク等の各種リスクを考慮しながら、国債等の公社債や金融債などの有価証券に投資し、安定的な収益の確保に努めています。

リスク管理部

 リスク管理課は、リスクマネージメント全般の統括部署として、経営の健全性と安全性を確保するために、リスクの特定、リスクの分析・評価、リスク量の把握、リスクのコントロールを行うとともに、独立した第二次審査・査定部門として、貸出・信用格付二次審査、ならびに資産査定にかかる二次査定業務を行っています。
 また、コンプライアンスの統括部署としてコンプライアンスの推進に取り組んでいます。

管理部

 企画管理課は、自己資本の増強による経営体質の強化・安定化と収益確保による会員JAへの安定的収益・機能還元を見据えた、中期経営計画、単年度事業計画の策定と、それに伴う予算統制、決算事務等本会の財務業務全般を担い、本会機構の中枢的役割を担っています。
 一方総務課は、役員秘書、役員会議事務局、関係機関・団体等との連携、庶務・労務管理など、職場内外の運営を円滑に進め、職員が仕事に専念できる環境づくりを担っています。
 また、採用、給与、福利厚生、教育、人事異動等から退職まで、職員のライフステージ全てにわたる広範な関わりをもっています。

監査室

 当会の内部監査部門です。現業部署等の被監査部署から独立して設置しています。

 内部監査は、当会の経営活動全般にわたる管理および業務の遂行状況を、内部統制の適切性と有効性の観点から検証・評価し、監査結果に基づく情報の提供、改善、合理化への助言提案を通じて、経営の健全性確保及び経営効率の向上に努めています。
 また、資産自己査定における査定結果の検証部署として、自己査定、償却・引当の正確性・適切性についての検証を通じて、資産の健全性確保にも努めています。

監事室

 監事の職務執行を補助するための、独立した機構となっています。

 監事会運営に関する事務および監事監査の補助等について、監事の指揮命令に従い業務を遂行しています。

金融機関コード・支店コード

3045-001

携帯&スマホ