JAグループとは

JAグループの仕組

 JAとはJapan Agricultural Co-operativesの略称で「農業協同組合」の愛称です。

 JAは、相互扶助の精神のもと、農家組合員をはじめとする組合員組織を基盤に、さまざまな事業や活動を市町村をエリアとして、総合的に行っている組織です。
 主な事業には、組合員の農業経営の改善や、生活向上のための指導事業、農産物の集荷、販売や生産資材・生活資材の供給などを行う経済事業、万一の時の備えとなる生命共済や自動車共済などを扱う共済事業、貯金・ローン・為替などの金融サービスを提供する信用事業などがあります。

組合員でない地域の皆さまも、多くの事業を利用することができます。

 一方、都道府県および全国段階には、JAを主な会員とし、それぞれの事業を専門的に行っている県信用農業協同組合連合会(信連)、県経済農業協同組合連合会(経済連)や、JA・連合会を会員とする全国共済農業協同組合連合会(全共連)、全国農業協同組合連合会(全農)、農林中央金庫(農林中金)等があります。
 これらの市町村をエリアとするJAと県域および全国の事業連を総称してJAグループと呼んでいます。宮崎県では、県内JAと各連合会等のグループを総称して「JAグループ宮崎」と呼んでいます。

  

JAバンクとは

JAバンク

 「JAバンク」とは、JAグループ信用事業(JA・信連・農林中央金庫)のブランド名です。また、全体の構成員を総称して「JAバンクグループ」と呼び、都道府県単位では、県名を冠した呼称としています。
 宮崎県においては、県下JAと当会で「JAバンク宮崎」を構成しています。
 JAバンクグループは、他の金融機関と同等の『総合金融(貯金・ローン・為替決済等のフルバンキング)サービス』を提供し、オンラインシステムのネットワークと総合力で、地域の皆さまにより身近で便利、そして安心なメインバンクとなることを目指しています。

JAバンクシステム

JAバンクグループは、組合員や地域の利用者から一層信頼される信用事業を確立するため、「農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律」(「JAバンク法」といいます。)に基づき、グループ総意のもと「JAバンク基本方針」を策定しています。
 この「JAバンク基本方針」に基づき、JAバンクグループが一体的に取り組む仕組を「JAバンクシステム」といいます。
 「JAバンクシステム」は、全国を網羅するスケールメリットときめ細かい顧客接点を活かした金融サービス提供の充実・強化を目指す「一体的事業運営」と、JAバンクの信頼性を確保する「破綻未然防止システム」の2つの柱で成り立っています。

金融機関コード・支店コード

3045-001

携帯&スマホ