地域貢献活動の取組みをご案内しています。


■事業を通した地域貢献

地域からの資金調達の状況

●貯金残高

  当会の資金は、その大半が県内のJAにお預けいただいた農家組合員および地域の皆さまの大切な財産である貯金を源泉としております。

 平成29年3月末の貯金残高は、623,318百万円となっています。

(単位:百万円)

預り先 残   高
会 員 574,055
地方公共団体 34,900
金融機関 0
その他 14,363
合 計 623,318

地域への資金供給の状況

●貸出金残高

  当会は資金を必要とするJA・農業関連団体等の会員や、県内企業および地方公共団体などにもご利用いただいております。
 融資として県域へ還元することにより、県内経済の持続的発展や地域社会の活性化に貢献するよう取り組んでいます。

 平成29年3月末の貸出金残高は、106,030百万円となっています。

(単位:百万円)

貸出先 残   高
会 員 5,549
地方公共団体等 59,611
金融機関 21,378
その他 19,490
合  計 106,030

●制度融資の取扱い状況

(単位:百万円)

制度資金名 制度資金の概要 残   高
農業近代化資金 規模拡大や設備投資等に必要な資金の融通を目的とした貸出金 208
特定農産加工資金
農産物の輸入自由化により影響を受ける食品製造業者の経営改善を目的とした貸出金 0
農村地域工業等導入資金
農業と工業等との均衡ある発展を図るとともに、雇用構造の高度化に資することを目的とした貸出金 0

農業経営改善促進資金

(スーパーS資金)

経営の改善を図るために必要な短期の運転資金を目的とした貸出金 0
合 計
208

 

■地域密着型金融への取組み

 

只今、更新作業中です。

農業者等の経営支援に関する取組み方針および態勢整備

 当会では、農業者の協同組織金融機関として、「健全な事業を営む農業者をはじめとする地域のお客さまに対して必要な資金を円滑に供給していくこと」を、「当会の最も重要な役割のひとつ」として位置付け、当会の担う公共性と社会的責任を強く認識し、その適切な業務遂行に向け、「金融円滑化にかかる基本方針」を定め、農業者等の経営支援に取り組んでおります。

「金融円滑化にかかる基本方針」はこちら

農山漁村等地域活性化のための融資をはじめとする支援

 JAバンクとして、担い手ニ-ズや経営状況を踏まえ注力すべき層の絞込みや対応を図るため、担い手金融リ-ダ-を全JAに設置し役割や機能を明確にするとともに、個々のスキルアップを図っております。
 また、担い手がメインバンクに求める金融機能を適時・的確に提供していくため、農業法人向け資金「にないて」による支援や、JAバンクアグリサポート事業((1)就農者に対する貸出利子助成事業、(2)新規就農者に対する助成事業等)や農業法人向け資本供与としてアグリシードファンドの取扱い等に取り組んでおります。

ライフサイクルに応じた担い手支援

 「宮崎県担い手育成総合支援協議会」等の各種協議会へ参画し、担い手の支援に取り組んでおります。
 また、地域農業金融の支援を目的として、農業経営診断研修等によるJA職員の人材育成に努めております。

「みやざき農商工連携応援ファンド」への資金応需

 本県の豊富な農林水産資源を活用した産業振興および地域経済活性化を図るため、農林漁業者と中小企業者が連携して取り組む新商品開発等の事業に対して助成を行う「みやざき農商工連携応援ファンド」が平成20年度に創設され、県・地域金融機関と連携のうえ融資を行いました。平成21年度から各助成事業の公募が開始されております。

 

■文化的・社会的貢献活動

JAバンク食農教育応援事業

   JAバンクによる食農教育を中心とする教育実践活動を通じ、子どもの農業に対する理解の深耕を図り農業ファンの拡大および地域の発展に貢献することを目的に、平成20年度から「JAバンク食農教育応援事業」として教材本贈呈事業や教育活動助成事業を行っております。

JAバンクATMの全国一律無料化

   全国のJAバンクでは、平成20年7月22日からJAバンクATM(CDを含む)の入出金取引にかかる時間外手数料を終日無料とするサービスを開始しております。JAバンクのキャッシュカードをお持ちのお客さまは、ご利用時間帯にかかわらず、全国のJAバンクATMでのご入金、ご出金を無料でご利用いただけます。

   また、平成25年11月18日よりコンビニATM2社(ローソンATM、イーネットATM)との提携も開始し、平日および土曜日の無料時間帯では、セブン銀行と同様に手数料無料でご利用いただけます。

 

JAキャッシュカードを使用した提携金融機関でのATM利用手数料のご案内はこちら

AEDの設置

 JAビル内に、事故や病気で突然心臓が止まった人に電気ショックを与え正常な心臓の動きを取り戻すための医療機器AED(自動体外式除細動器)を設置し、万が一の救命処置に対応できるよう備えております。

献血運動への参加・協力

 献血車をJAビルに定期的に受け入れるなど、日本赤十字社の献血へも積極的に参加・協力しております。

年金相談会の実施

 年金に関する社会的関心が高まる中で、県下JAに社会保険労務士を派遣し、年金相談会を実施しております。

ゲートボール大会・グラウンドゴルフ大会の開催

 JA年金友の会会員相互の交流と親睦および会員の健康増進をはかることを目的として、ゲートボール大会・グラウンドゴルフ大会を開催しております。
 平成29年度は、ゲートボール大会に19チーム113名、グラウンドゴルフ大会には128組614名が参加されました。そのうち、80歳以上の「特別賞」を受賞された方々は、328名と過去最高数を更新しました。

エコキャップ回収運動

 当会では、ペットボトルキャップを回収し、業者を通じてJCV(世界の子どもにワクチンを委員会)へ届けることで、子どもたちにポリオワクチンを贈る運動に取り組んでおります。

環境保全対策運動の実施

 JAグループでは、地球温暖化防止を目指し、古紙のリサイクル運動や省エネ運動を実施しております。このうち古紙のリサイクル運動では、JAビル内で発生する古紙を分別し、再生したトイレットペーパーをJAビルなどで利用しております。
 また、省エネ運動としては、エレベーター使用自粛、冷暖房の適正利用等により、CO2削減を目指しております。

ちょリスカラーバスの運行

  JAバンクのイメージアップを目的に、JAバンクイメージキャラクターである「ちょリス」を活用したカラーバスを宮崎・都城・延岡の各市および近郊3路線で運行しております。県内名所の風景をバックに「ちょリス」を描いており、JAバンクの親しみやすさをPRしております。

金融機関コード・支店コード

3045-001

携帯&スマホ